【一重まぶたは非常識】という噂話はホント?人類は二重まぶたで誕生した?

美容

なぜ、あなたは一重まぶたなんでしょうか?

一重まぶたを英語で表すと「Oriental eyelid」となり意味は「東洋のまぶた」となります。
そもそも、なぜ白人や黒人は二重まぶたで、アジア圏の国の人だけ一重まぶたなんでしょう?
一緒に検証していきましょう。

一重まぶたと二重まぶたの地理的分布

洋画を観てもわかるとおり、アメリカ、ヨーロッパの白人はほぼ全員二重まぶたです。
また、アフリカ系の黒人もほぼ全員二重まぶたです。
しかも、アジア圏では、インド、東南アジア、中東のアラブ人、イランなどに住んでいるペルシャ人の人達もほぼ全員二重まぶたなんです。
その一方、日本を始めとする中国、北朝鮮、韓国、モンゴルなどの北東アジアにのみ一重まぶたの人がいます!

確率的には、日本人として生まれてきた瞬間から70%が一重まぶたなんです。
逆に日本人の30%のみが生まれながらの二重まぶたとなります。
ということは、多くの一重まぶたの人と少数の二重まぶたの人種がが混在しているのが北東アジア圏人の特徴と言えます。
結局、一重まぶたの一番の原因は人種によるもの、ということになります。
人類は二重まぶたで誕生した!

人類は二重まぶたで誕生した!

人類は最初みんな二重まぶただった!と聞くとビックリしませんか?
だったら、なぜ私みたいな一重まぶたの人が存在するの?って思いません?

これを歴史的背景から見てみると、人類の起源までさかのぼります。
人類が誕生したのはアフリカで、450万前のことと言われています。
当時の人類は、まぶたがの皮膚も薄く、みな二重まぶたでした


やがて、一部の人類の祖先にあたる人々がアフリカを離れ、東南アジアやアジア大陸、シベリアに移住していきました。
中でもシベリアに移り住んだ人類は、寒さに適応するため進化していきました。
寒さから目を守るためにまぶたの脂肪を増やし、結果として、二重まぶたから一重まぶたになった
、とされています。
このように、もともとは二重瞼だった人類ですが、環境に適応するために一部極寒に住んでいた人々のまぶたは一重瞼になっていったのです。
では、日本にはなぜ一重瞼と二重瞼の人がいるんでしょうか?

日本にはなぜ一重瞼と二重瞼の人がいるのか?

シベリアはとにかく寒い。 その寒さを嫌がる人類が出てきてもおかしくはありませんよね。
一重まぶたになった人類の一部が、寒さから逃れるためにシベリアから離れていったのです。
もちろん、向かう先は南です。

南を目指して移動した人類は、中国や韓国、日本に散らばっていったのです。
この一重まぶたを持った日本人の先祖は弥生人と言われ、先に日本に定住していた縄文人とは異なる人種だったのです。
縄文人は二重まぶたで、弥生人は一重まぶたでした。
結果、現在の日本人とは「縄文人」と「弥生人」の混血ということになります。
このため、日本には一重まぶたと二重まぶたの人が混在している国になったんです。

一重まぶたと二重まぶたは遺伝と関係あるのか?

よく「一重まぶたや二重まぶたは、遺伝で決まる」、と口コミなどで噂されていますが、その根拠となる法則をご存知でしょうか?
一般的に遺伝と言われているものは、オーストリアの生物学者であるグレゴール・ヨハン・メンデルが唱えた「メンデルの法則」によるものです。
そういえば学校で習いましたよね?

遺伝には、「優性遺伝」と「劣性遺伝」があり、親・そのまた親の遺伝子が、子に伝わることを指します。
この法則に従えば、両親とも「二重まぶた」であれば、子供も「二重まぶた」になることになります。

しかしながら、必ずしもそうはなりません。
なぜなら、先に記載した通り、遺伝には「優性」と「劣性」が存在するからです。

つまり、仮に父親が二重まぶたに対して「優性」と「優性」の遺伝子を持っており、母親も「優性」と「優性」の遺伝子を持っていた場合に限り、生まれてくる子供は「二重まぶた」になります。

これに対して、父親が二重まぶたに対して「優性」と「優性」の遺伝子で、母親が「優性」と「劣性」の遺伝子だった場合、生まれてくる子供の二重まぶたの確率は減少します。

更に両親とも二重まぶたに対して「優性」と「劣性」の遺伝子だったとしたら、子供が二重まぶたになる確率は更に低くなります。

そして、両親とも二重まぶたに対して「劣性」と「劣性」の遺伝子を持っていたとしたら、生まれてくる子供は100%「一重まぶたになります。

従って、巷で流れている噂を正確に言い換えれば、「両親が二重まぶたであれば、子供は二重まぶたになる確率が高い」というのが正しい表現になります。

一重まぶたは非常識なの?【結論】

そもそも一重まぶたの男子や女性は、かつて地上には存在しなかったワケですね。
一重まぶたは、人類の進化の過程において突然変異によって発生したんです。
当時の人類にとって「二重まぶたが常識で、一重まぶたは非常識」だったことになります。

一重まぶたの女性や男性が、異性の二重まぶたに強く憧れる原因は、人類の元のあるべき姿への既視感よるものではないでしょうか?
だから、一重まぶたの男子や女子が二重まぶたになりたいという思いはよく耳にしますが、二重まぶたの人が一重まぶたになりたいという話は聞きません。

繰り返しますが、一重まぶたは人類学的に非常識だった、ということです。
まぶたには人類の起源が隠されていたとは驚きですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました